状況別・段階別のご相談

離婚を切り出されたが、離婚したくないと考えている

配偶者から離婚を切り出されてしまったら、まずは相手の話をよく聞くことです。どうして離婚しようと思ったのかを探り、それをどのように解消して行けばよいのかを検討することです。離婚原因で最も多いのは、性格の不一致です。まだお互いに愛情があるのであれば、修復の可能性は0ではありません。夫婦間での話し合いにより、改善できる余地があるかもしれません。

配偶者との話し合いで、自分の不適切な発言や、行動について見直した場合には、それを誓約書にして、誠意を見せるという方法もあります。しかし、離婚を避けたいからといって、相手の言いなりになってしまうのは好ましくありません。夫婦は対等な立場で初めて成り立つものです。

話し合いではまとまらない場合

夫婦二人での話し合いではまとまらない場合には、夫婦関係調整調停(円満)を行うこともよいでしょう。夫婦が円満な関係でなくなった場合には、円満な夫婦関係を回復するための話合いをする場として、家庭裁判所の調停手続を利用することができます。

調停手続では、当事者双方から事情を聞き、夫婦関係が円満でなくなった原因はどこにあるのか、その原因を各当事者がどのように努力して正すようにすれば夫婦関係が改善していくか等、解決案を提示したり、解決のために必要な助言をしたりする形で進められます。

配偶者との関係を修復するために努力しても、どうしても離婚を諦めてくれない場合もあります。その場合には、拝具社から離婚調停を申し立てられる可能性があります。調停の場での説得が必要となるので、申し立てられた場合には、必ず出席するようにしましょう。

調停離婚でもなお配偶者の意思が固い場合には、裁判を起こされる可能性が高いです。法律上の離婚事由があるとされた場合には、判決で強制的に離婚となります。

もし、あなたが離婚したくない理由が、「専業主婦なので、夫の収入がないと生活していけないから離婚したくない」というものであれば、財産分与や離婚慰謝料、解決金の面で相手に譲歩してもらう等の条件を出し、交渉して行くのが良いでしょう。

条件がどうであれ、離婚したくないのであれば、そもそも自分に離婚事由がないのかどうかを検討する必要があります。いくら離婚したくないと考えても、離婚事由に当たれば、裁判を起こされて強制的に離婚が成立してしまう可能性があります。

身に覚えがないのに、配偶者に離婚事由があると言われ、離婚を迫られた場合には、すぐに離婚に応じるべきではありません。裁判所も、証拠がないのにもかかわらず離婚事由を認めることはありません。なお、離婚を求める相手方が表面上主張する離婚事由と、実際の理由が違うこともありますので、相手方の真意がどこにあるのかを慎重に見極める必要もあります。

他方、今後の生活のためにも、離婚を認め、よりよい離婚条件を求めるための交渉に切り替えた方が良い場合もあるかもしれません。

その後の人生を豊かにするために、どういった選択をすべきなのか、慎重に考える必要がありますが、相手の主張が正しいのか、裁判でも認められるものなのかといった点は、ご本人だけでは判断がつかないことも多いと思います。

そういった場合に弁護士に相談することで、見通しが立てやすくなります。また、弁護士が間に入ることで、相手方の態度や考えも変わり、関係修復に向けて動き出すケースもありますので、一人で悩まずに、まずは弁護士にご相談ください。

離婚・慰謝料に関するご相談は初回無料です。
0120-955-119
予約受付 平日9:30-21:00 土曜9:30-18:30
メール予約
24時間受付