• 弁護士による離婚相談TOP
  • 離婚するか決めかねている方・離婚したい方へ - 離婚を迷っている方へ~離婚のメリット・デメリット
離婚するか決めかねている方・離婚したい方へ

離婚を迷っている方へ~離婚のメリット・デメリット

本記事では、「配偶者と離婚したいけど、離婚した場合に何が起きるか不安でなんとなく踏み切れない」と考えていらっしゃる方に向け、離婚するメリットとデメリットについてご説明します。

1.離婚するメリット

メリットは、法的な意味のものというよりは、精神的なものです。

(1)辛さから解放される

配偶者と離婚したいと考えているということは、どのような理由で離婚したいということが明確になっていなくても、あなた自身が結婚生活をするうえで何か辛いことや苦しいことがあるということです。場合によっては、配偶者に支配されていて本来の自分を失っていることに気づき始めていることもあります。

そのため、離婚した場合には、結婚生活をしていることによって生じる辛さや苦しさなどから解放されることになります。配偶者との問題が整理整頓されることによって、今よりも精神的に前向きになれる可能性があり、新たな人生を歩み始めることができますし、本来の自分を取り戻すことができます。

(2)自由になる

結婚生活をしている時には、たとえば、帰りが遅くなるときには事前に配偶者に連絡したり、友人と食事に行きたいときには配偶者の許可をとったりと、些細なことではありますが、日常の多くの場面で配偶者の都合や機嫌等を考えてしまい、自由が制限されていると思います。

離婚した場合、このような制限がある程度なくなるので、ご自身やお子さんのことだけを考えて行動することができるようになり、自由になります。

2.離婚するデメリット

デメリットは、主にお子さんのことと経済的な点です。

(1)お子さんが悲しい思いをする可能性がある

離婚したことで氏が変わったり、学校行事などに片親しか参加しないことで、お子さんが辛さや寂しさを感じる可能性があります。

ただ、この点は、近年ライフスタイルが多様化したことにより、一時期ほどは気にならないという人が多いかもしれません。

(2)経済的に生活が苦しくなる可能性がある

特にこれまで主として配偶者の収入を生活費に充ててきた家庭においては、離婚によってこれまでどおりの収入が得られなくなることで、生活費が足りなくなり、経済的に生活が苦しくなる可能性があります。

また、このような状態で自分一人でお子さんを育てていくことになるので、子育ての面でも苦しい事態が生じることがあります。

もちろん養育費の支払いを求めていくこと自体はできますが、養育費を支払わない配偶者は極めて多いので、養育費を当てにして生計を立てようと考えるのは危険です。

(3)その他

メリットとデメリットを考えるだけでなく、実際に離婚をした経験者の話を聞くことも有益です。実際に経験した人の話を聞くことで、あなたが不安に思っていたことが解消されることも沢山あるでしょう。また、人生の先輩でもある両親に相談してみると、あなたの強い味方になってくれるかもしれません。

離婚するメリットとデメリットとして一般的に考えられるものをご紹介しましたが、メリットとデメリットの感じ方は人それぞれでありケースバイケースであるため、離婚したいと決めた方は、まずはお気軽に弁護士にご相談いただければと思います。

弁護士 清水太郎
弁護士 清水 太郎 (第二東京弁護士会)
  • 千葉大学法経学部 卒業
  • 明治大学法科大学院 修了
  • 司法修習(秋田)
  • 弁護士登録(第二東京弁護士会所属)
自分の身近な人が困っていたらなんとかしてあげたいという思いから、弁護士を志しました。今は、広い視野と深い洞察力を持ち、ご依頼者様に頼られる弁護士になりたいと思っています。
離婚・慰謝料に関するご相談は初回無料です。
0120-316-279
予約受付 5:30~24:00(土日祝も受付)
メール予約
24時間受付
電話・オンライン相談対応中
離婚サポパック