離婚時に確認すること-お金のこと-

婚姻費用分担請求別居後、素早く請求をしましょう

婚姻費用分担請求とは、婚姻から生ずる費用(別居中の生活費、養育費など)を相手方に請求することです。

夫婦には、お互いの生活レベルが同等になるように助け合う「生活保持義務」があります。また、婚姻から生ずる費用を、収入その他の一切の事情を考慮して、分担する義務もあります。

婚姻から生ずる費用というのは日常の生活費のことで、具体的には衣食住の費用、医療費、子供の教育費や養育費、交際費等が含まれます。

別居中だとしても、夫が妻子に生活費を渡さないのは法律的に許されません。たとえば、離婚の協議中で別居している場合や、妻が夫の暴力を避けるために避難している場合であっても、夫側に妻の婚姻費用を分担する義務が生じます。

姻費用分担請求をめぐって発生する問題の具体的な事例

家を出た妻に経済的援助を要求された

勝手に家を出ていった妻から経済的な援助を求められました。妻が子供を連れて勝手に家を出て行ったものの、生活が苦しいらしく、援助を求めてきています。勝手に出て行ったのだから援助する必要はないと思うのですが…

出て行った理由によります。子供の経済援助は必要です。家を出るについて、生活スタイルの違い等それなりの理由があってのことであれば、妻の側が婚姻費用を求めることも可能です。理由が乏しければその分減額の余地はあるでしょう。

妻が不倫相手と暮らすために家を出たということであれば、有責性の程度によりますが、妻の生活費相当分については分担をする必要がないか減額されます。ただし、子の監護費用相当分は、子に対する生活保持義務があなたにもあるため、支払をする必要があります。

浮気して家を出た夫に請求したい

夫が浮気して家を出てしまいました。夫は現在アルバイトで月10万円ほどの収入ですが、不倫相手と同棲していて、その不倫相手が月50万円ほど稼いでいるため、夫は自分の給料は丸ごと遊びに使っています。私の収入は30万円ほどで、家賃も10万円ほど。遊びに使えるお金は3、4万円ほどです。夫に婚姻費用の分担を請求できるでしょうか?

婚姻費用は収入が高い方が低い方を援助するのが基本。浮気はあくまで慰謝料の問題です。婚姻費用の分担の際には、不倫相手の収入は考慮せず、収入の高い方が低い方を援助するのが基本です。

あなたのケースでは、夫は自ら浮気して家を出たので、あなたに対して婚姻費用を請求できないでしょうし、あなたもまた高収入ゆえに夫に婚姻費用を請求するのは難しいでしょう。また、夫の浮気は婚姻費用分担の理由にはならず、あくまで慰謝料の問題として解決すべきです。

過去にさかのぼって請求できるか

夫が不倫相手の家に移り住んでから、5年経ちます。当初はすぐ帰ってくるものと思い、また私も実家から援助を受けられたので、夫に生活費を請求することもしませんでした。しかし、夫が帰ってくる様子がないので、この5年分の生活費を請求したいです。

請求時点から過去にさかのぼった分は請求できないことが一般的です。

夫婦は互いに助け合う義務があり、それは介護であったり、経済的な援助だったりします。経済的援助を求める権利を婚姻費用分担請求権と言います。但し、多くの裁判例では、婚姻費用の分担を求めることができるのは、相手方に請求をした時(内容証明郵便やメールなどで請求した時点を証明できるのであればその時、そうでない場合には調停や審判を申し立てた時)からとされています。したがって、あなたのケースでは、5年分の婚姻費用を請求しても認められないと思われます。

婚姻費用の請求

婚姻費用を請求したいのですが、金額はどうやって決まるのですか?

簡易計算表を使って計算します。現在の調停・裁判実務では、「算定基準表方式」が主流となっています。これは、子供の数と年齢別に、自分(請求する側)の収入を横軸、相手(請求される側)の収入を縦軸とした算定表をもとに、養育費を算出するものです。東京家庭裁判所のホームページに算定表の実物と、その使い方が掲載されています。

離婚しないで調停を申し立てることは可能か

離婚はしたくないのですが、婚姻費用分担請求だけの調停を申し立てることはできますか?

婚姻費用分担請求だけの調停を申し立てることは可能です。

離婚・慰謝料に関するご相談は初回無料です。
0120-955-119
予約受付 平日9:30-21:00 土曜9:30-18:30
メール予約
24時間受付