離婚するか決めかねている方・離婚をしたい方へ

30代・40代女性の離婚について人生まだまだこれから! 次のステップへと後押しします。

20代で結婚した場合は、お子さんの手が離れて職場復帰されている方がいたり、専業主婦として子育てに専念している方がいたりします。

日々、生活している時、ふと自分の今を振り返ってみると、本当にこのままでいいのかと思われる方もいるのではないでしょうか。振り返ってみたときに、自分も仕事をバリバリしているのに、夫が育児・家事を一切手伝ってくれないから夫を不要だと感じてしまったとか、主婦の自分を夫が下に見ているとか、夫に支配されていて、自分の思考がおかしくなっていたことに気づいたとか、このまま婚姻を続けてもいいのか迷う方、もう一緒にいることに苦痛を感じ始めている方、子供のためにと婚姻を続けると、あなたが苦しくなって、笑顔がなくなり、お子さんにも悪影響が出てしまいかねません。前向きに離婚を検討してみてはどうでしょうか。

仕事をしている方の場合

仕事をバリバリしている人は、離婚後も自分で生活費を稼ぐことができるため、離婚後の不安になる要素は少ないかもしれません。しかし、30代・40代になると、自宅不動産を購入していたり、預貯金・保険・株など資産形成をしていたりする場合が少なくありません。そのため、財産分与で揉めることも多いのです。不動産のローンをどうするか、株はどう評価するかなど専門家でなければ分からないこともあります。

また、あなたの収入が夫の収入とそれほど変わらないと言った場合、夫は、養育費は払わないなど、父親としての子供に対する義務を果たそうとしない場合もあります。あなたの収入が多いから夫から養育費をもらえないということにはならないことが多いです。養育費が少額だとしても、お子さんの成長に合わせて養育費では足りない場合も出てくるため(受験に係る費用等の特別費)、きちんと決めておく必要があります。

専業主婦の方の場合

専業主婦の人は、離婚後の生活に不安を感じ、離婚に対して躊躇してしまうかもしれません。しかし、まだ仕事探しが難しい年代ではないため、仕事を見つけるまでに時間がかかるとしても就職できないということはないでしょう。ただ、当面の生活費をどうにかする必要があります。財産分与は、基本的には、夫婦で築いた財産を清算するものですが、扶養的財産分与として、夫に生活費を出してもらうという方法もあります。弁護士にご相談いただければ、今のあなたに合った方法をいくつかご紹介できます。お金がないから離婚しないという考え方だけはやめて下さい。夫からもらえるものをもらってから、離婚という選択肢をしたっていい時代です

お子さんのいない方は、20代で書いたのと同じですが、共有財産が多い場合は、どう分与するかで揉めることも多いため、きちんと弁護士に相談してもらいたいです。

さらに、この世代の方は、夫が最後の昭和世代でモラハラ傾向にあることも多いです。モラハラ夫の場合、お金を節約するために、代理人をつけることなく本人で対応してきます。本人対応ほど厄介なものはなく、あなたの体力・精神力を根こそぎ奪いかねません。弁護士に依頼することで、厄介な夫と対峙する必要がなくなり、仕事や子育てなどに専念することができ、心の平穏やあなたらしさを取り戻すことができます

あなたの人生まだまだこれからです。私たちは、30代・40代の方々の相談を多く受け、離婚を実現してきました。まずは、お気軽にご相談下さい。

弁護士 久保 真衣子
弁護士 久保 真衣子 (第一東京弁護士会)
  • 慶應義塾大学総合政策学部 卒業
  • 慶應義塾大学法科大学院 修了
  • 司法修習(東京)
  • 弁護士登録(第一東京弁護士会所属)
私が経験したように、法律問題で困っている一人でも多くの方々の問題を解決し、新しい人生の一歩を後押しできる弁護士となり、弁護士という存在を身近に感じてもらえるよう頑張っていきたいと思います。
離婚・慰謝料に関するご相談は初回無料です。
0120-316-279
予約受付 5:30~24:00(土日祝も受付)
メール予約
24時間受付
電話・オンライン相談対応中
離婚サポパック