弁護士に相談

サポートサービスのご案内

このような悩みを抱えていませんか?

  • 自分でやってみたいけど、適切に離婚を進められるようにサポートして欲しい。
  • 相手にも弁護士がついていないので、バレないように弁護士をつけて対処したい。
  • 別居したいが事前にどんな準備をすればいいのかアドバイスが欲しい。

上記のような悩みをお持ちの相談者の要望にお答えするため、弁護士が継続的なアドバイスを実施させていただくサポートサービスをご用意させていただきました。

弁護士は、依頼者に代わって相手方と交渉を進めて行くことが一般的ですが、必ずしも代理する必要はないケースや、代理が必要になる前の離婚準備期間中のサポートが必要というケースもあります。

サービス内容

  • 電話、メール、来所面談などで継続的にご相談をお受けします。
    契約期間(6か月)は、計12回※1まで弁護士とのご相談が可能です。
  • サポートサービスを申込後、代理人契約への切り替えを希望される場合、着手金の一部として充当が可能です。
  • 1か月ごとの更新(2万円)も可能です。
相手方との交渉や、調停・訴訟などはプラン内容に含まれません。
裁判所提出書類のチェック、作成等に関しては、別途お見積りいたします。
1回1時間まで。それを超える場合は、別途相談料が発生します。(30分 5000円)

費用

5万円(期間:6か月)

更新料2万円(1か月)

サポートサービスが向いている方

例えば、離婚事由が無く別居期間を稼ぐ場合や、一刻も早く離れたいと考え、別居するような場合、何も考えずに別居してしまうと、後々不利になることもありえます。
ご家族のサポートが受けられ、実家に戻ることが出来るような方は別ですが、いざ別居しようとしても、新しい住居はどうやって探したらいいのか、生活費の不安はどうしたらいいのか、子どもの学校はどうするかなど、離婚手続を進める以外にも様々な問題が存在します。弁護士に相談する事で、今後の具体的なアクションが明確になります。
また、何も考えずに、別居を進めてしまうと、後々不利になったり、相手の感情を逆なでしてしまう可能性もありますので、慎重に進めることが大切です。
当事務所のサポートサービスでは、弁護士のアドバイスを受けながら、別居手続を進める事ができます。

サービスのポイント

別居する前にやっておくべきことは、意外と多いです。たとえば、別居後の生活費として、相手に婚姻費用を請求したものの、相手が支払いに応じて来なかった場合、相手の財産状況が分からなければ、婚姻費用の回収が出来ず、生活が困窮してしまう可能性もあります。同居期間中に、相手の勤務先や年収、預金口座などを把握しておけば、相手が支払いに応じない場合でも対策を取ることが可能です。

サポートサービスでは、別居する前にやっておくべきこと、持ち出すべきものなど別居に関する注意事項をアドバイスいたしますので、安心して手続を進めることができます。

また、別居後の生活費が不安という方に対して、婚姻費用の請求を追加でご依頼することも可能です。
弁護士費用をみる

別居する前にやっておくべきことのチェックリスト

当事務所では、写真のようなチェックリストを使い、別居前の準備に不備がないよう手続きを進めていきます。

チェックリスト

離婚・慰謝料に関するご相談は初回無料です。
0120-955-119
予約受付 平日9:30-21:00 土曜9:30-18:30
メール予約
24時間受付