離婚原因

セックスレス継続的な性交渉拒否は離婚原因になりえます

婚姻生活においては、性交渉も重要な要素であるため、当事者間の合意がある等の特段の事情が無い限り、継続的な性交渉の拒否は「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当する可能性があります。

ただし、双方同意の上でセックスレスなのであれば離婚原因にはなりませんので、単にセックスレスというだけでは離婚が認められない可能性があります。

セックスレスをめぐって発生する問題の具体的な事例

ずっとセックスレスです。離婚できますか?

結婚直後は、3回ほど性交渉をもったのですが、その後、性交渉が絶えて3年経ちます。私は子供が欲しいのですが、それもかないません。離婚してやり直したいです。

それだけでは、離婚理由とは認められない可能性があります。

裁判では、単純にセックスレスだけで離婚を認めてくれるのは難しい傾向があります。そのため、性交渉が無い場合、それに加えて「夫に自分の悩みを打ち明け、夫婦でカウンセリングを受けようとしたのに、応じてもらえない」といった事情が必要な場合が多いです。この場合も別居の事実があれば離婚は認められやすくなります。

相手のセックスレスが離婚の原因の場合、慰謝料は請求できますか?

性交渉拒否に正当な理由がない場合には、認められる可能性があります。事情にもよりますが、裁判例では、100万円程度の慰謝料が認められているものがあります。

離婚・慰謝料に関するご相談は初回無料です。
0120-955-119
予約受付 平日9:30-21:00 土曜9:30-18:30
メール予約
24時間受付