離婚原因

モラルハラスメント(モラハラ)一人で我慢せずに弁護士にご相談ください

モラルハラスメントとは、簡単に言うと、家庭内におけるいじめのようなものです。

具体的には、精神的暴力や嫌がらせのことを指します。ドメスティックバイオレンス(DV)とは違い、実際に身体的な暴力を振るわけではありませんが、言葉や行動、態度によって、相手に精神的苦痛を与えます。

当事務所にご相談に来られる方の中にも、モラルハラスメントの被害者が多くいらっしゃいます。実際にモラルハラスメントの被害を受けている方達のお話を聞くと、ご自身では被害を受けていることに気付かなかったという方がとても多くいらっしゃいます。本や雑誌のコラムを読んだり、知人・友人から話を聞いたりして初めて自分が被害者であることに気づく方もいらっしゃるようです。

典型的なモラルハラスメント行為

(1)突然怒りだしたり、無視をしたりする

モラルハラスメントをする人は、こうした行為により、相手より自分が優位に立とうとします。テレビを見ていると突然「うるさい、テレビを消せ」といった具合に突然怒り出したり、逆に、ある日突然、口を聞かなくなったり、目を合わせたりしなくなったりします。こうした状態が続くことで、被害者は、自分が悪いことをしたのではないかと追い詰められてしまいます。

(2)相手の人格を否定する

「おまえは黙って、俺の言うことを聞いておけばいい」
「おまえはバカだから、何をやっても無駄だ」
「おまえの家族や友達は頭がおかしい」

モラルハラスメントをする人は、こうした発言を繰り返すことにより、相手の自尊心を傷つけ、自分の支配下に置こうとします。

モラルハラスメントをする人の特徴

(1)自己顕示欲が高い

モラハラをする人は周りから自分がどう見られているかをとても気にされる方が多い傾向にあります。プライドが高く、「仕事ができる」「才能がある」「優秀である」と見られたいと思っています。実際には、世間で「エリート」と呼ばれる方が、モラルハラスメントの加害者になっているケースが多く見られます。

(2)自分の非を認めない

モラハラをする人の特徴として、何か問題が起こった場合、自分の非を認めません。自分が浮気をしたとしても「浮気させるようなお前が悪い」というように相手のせいにしたり、何か問題が起こった際には「自分のおかげで飯が食えているんだろう!」などと話をすりかえる傾向があります。

(3)家の外での態度と、家の中での態度が大きく違う

モラルハラスメントをする人は、周りから自分がどう見られるかを気にしていることが多いため、家の外では、「いい夫、いい妻」を演じています。そのため、被害者は、周囲に相談してもその辛さを理解してもらえず、さらに追い詰められてしまうのです。

モラルハラスメントを受けていると思ったら…

まずは証拠を集めましょう。モラルハラスメントをする人は、周囲への人当たりが良いことが多く、いざ、裁判所にモラルハラスメントを理由に離婚をしたいと訴えても認めてもらえないことがあります。そのため、相手の言葉を録音する、無視されたなどの状況をノートに日付とともに記録しておく、などの証拠集めが重要になってきます。

我慢せずにまずご相談下さい

モラルハラスメントの被害者の多くは「私が間違っている」「私が悪い」と思って我慢しています。まずは自分が被害者だということに気付くことが重要です。

モラルハラスメントはどんどんエスカレートしていきますし、被害者の方は我慢していてもそれが苦痛となってしまいます。しかも、モラルハラスメントが治る可能性はとても低いのが実際です。一人で悩まずにまずはご相談下さい。

離婚・慰謝料に関するご相談は初回無料です。
0120-955-119
予約受付 平日9:30-21:00 土曜9:30-18:30
メール予約
24時間受付