解決事例

婚姻関係破綻を理由に慰謝料を払わないと主張する夫の不貞相手から100万円の回収に成功。

慰謝料

30代 女性 会社員
女性:20代 職業不明
4年
あり
慰謝料の支払い義務
代理交渉
2か月

経緯

夫が不貞しているにもかかわらず、悪びれる様子もないため、不貞相手との関係を切ってもらいたいことから、不貞相手に対して慰謝料を請求したいとのことで、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

解決内容

夫の不貞相手は、代理人を立てて「婚姻関係が破綻しているので支払うべき慰謝料はない」と主張し、破綻していないことを知った後は、30万円の30回分割を主張していましたが、100万円の慰謝料を回収することに成功しました。

弁護士コメント

双方代理人が就いているケースでは、裁判になったときの相場等について把握していることから、交渉もスムーズに行われる傾向があります。
また、代理人が就いていながら、不貞相手が夫と会って慰謝料の相談をしていたため、代理人を通して会うことを辞めさせることもできます。
不貞慰謝料の場合、当事者間で解決されようとされる方も多いですが、交渉がスムーズになることと後日の紛争防止の観点からは、弁護士に依頼されることをお勧めします。

プライバシー保護のため、一部内容を変更しています。

離婚・慰謝料に関するご相談は初回無料です。
0120-316-279
予約受付 5:30~24:00(土日祝も受付)
メール予約
24時間受付