解決事例

育児放棄・ゲーム依存の妻との離婚

離婚

40代 男性 会社員
妻:40代 無職
10年
あり
離婚
調停代理
4か月

経緯

結婚してから家事や育児をせず、一日中ゲームをしていた妻と離婚したいとのことで、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

解決内容

依頼者の側から離婚調停を申し立てたところ、今度は妻から婚姻費用を請求されました。
離婚事由がないので長期戦になることが予想された事件でしたが、婚姻関係の破綻を認められるであろう期間に相当する期間の婚姻費用を2回分割で支払うことを提案し、無事、離婚成立となりました。
また、婚姻費用算定にあたっては、専業主婦の妻に潜在的稼働能力を認めさせることに成功しました。

弁護士コメント

離婚事由がない場合も、条件次第で相手が離婚に応じてくれるケースがあります。「離婚をしたいけれど相手が応じてくれない」というような場合は、諦めずに、一度弁護士にご相談いただければと思います。

プライバシー保護のため、一部内容を変更しています。

離婚・慰謝料に関するご相談は初回無料です。
0120-316-279
予約受付 5:30~24:00(土日祝も受付)
メール予約
24時間受付