解決事例

自分に有利な条件を押し付けて離婚しようとするモラハラ夫との離婚

財産分与養育費

40代 女性 派遣社員
夫:40代 自営業
19年
あり
あり
財産分与・養育費
サポパック→交渉代理
10か月

経緯

夫が離婚を希望してきましたが、高圧的な態度で、財産分与はしないという条件を譲らないので、交渉代理を弊所にご依頼いただきました。

解決内容

夫は財産分与も公正証書の作成も拒んでましたが、2,000万円を財産分与として獲得することができ、無事に公正証書も作成できました。

弁護士コメント

モラハラ夫は、話をすり替え、自分が被害者であるように装い、高圧的に理不尽な要求をしてくることが多いのですが、恐怖心から不利な条件で離婚をしてしまえば、後悔することになります。
弁護士が間に入ることで、あなたの言いたいことを夫に言えるようになるだけでなく、妥当な結論を導くことができるケースもありますので、ご自分で協議を進めることが難しいようでしたら、弁護士へご相談ください。

プライバシー保護のため、一部内容を変更しています。

離婚・慰謝料に関するご相談は初回無料です。
0120-316-279
予約受付 5:30~24:00(土日祝も受付)
メール予約
24時間受付