慰謝料請求(不貞行為)について

離婚の原因について責任のある方、または責任の重い方が慰謝料を相手に支払うことになります。

慰謝料を請求したい

不貞行為をされた側の場合、請求の相手方は、配偶者はもちろん、その不貞行為の相手方に対して、一緒にもしくは別個に請求することが可能です。

慰謝料請求のポイント

不貞行為があった事実を立証するのは、慰謝料を請求する側になります。配偶者が不貞行為を認めていれば問題ありませんが、認めていない場合は、証拠の有無が重要になります。
具体的な証拠としては、次のような物があります。

  • 配偶者が不貞行為の相手方と一緒にホテルに入る写真
  • 不貞行為を示唆するメールやSNS、メモ、日記等
  • 携帯電話の発信・着信履歴

など。

慰謝料額のポイント

慰謝料の金額について、明確な基準はありません。一般的に、100万~300万円と言われたりしますが、あくまでもケースバイケースとなります。
なお、不貞行為によって離婚に至った場合の方が、離婚に至らない場合よりも慰謝料が高く認められます。

慰謝料を算定する際に考慮する事情として、以下のようなものがあります。

  • 有責性・背信性の程度
  • 精神的苦痛の程度
  • 婚姻期間
  • 当事者の社会的地位
  • 支払能力
  • 未成年子の存在

など。

慰謝料請求が認められない場合

夫婦関係が既に破綻しているような状態で不貞行為がされた場合は、慰謝料請求は認められません。
また、不貞行為の相手方に慰謝料請求をする場合は、不貞行為に至る過程において、不貞行為の相手方に特別の事情がある場合、例えば、相手の女性が夫が結婚していることを知らなかった、または、夫が相手の女性に対してしつこく関係を迫った等の事情がある場合には、慰謝料請求が認められなかったり、認められたとしても非常に低額になる可能性もあります。

また、慰謝料請求権は、不貞行為それ自体を理由とする場合には、不貞行為があったこと等を知った時から3年、不貞行為が原因で離婚したことを理由とする場合には、通常、離婚してから3年で時効となり、慰謝料の請求ができなくなってしまいますので、注意が必要です。

慰謝料請求をめぐって発生する問題の具体的な事例

ご質問

夫に隠し子がいることが判明。慰謝料はいくらとれますか。

夫が浮気して外で子供まで作っていることがわかりました。慰謝料はいくらとれるでしょうか。

弁護士からの回答

条件によって、金額が変わります。
夫が浮気するまで、夫婦関係が破たんしていなかったか、夫婦間に子供がいるかのほか、結婚期間の長短、夫の収入等の事情から判断されます。個々のケースにより異なりますが、離婚の慰謝料の相場は200万円から500万円程度です。
夫の不貞行為があるまでは夫婦関係は上手くいっていて、子供もおり、結婚生活も長期にわたり、夫が高収入といった事情があれば、慰謝料は高額化します。

ご質問

慰謝料は、調停でもとれますか。

弁護士からの回答

調停で双方合意に至らなければ、裁判で請求することになります。
調停というのは話し合いの場ですから、相手が同意しないと、慰謝料をとることはできません。双方の合意がなければ、裁判で慰謝料を請求することになります。

ご質問

5年前に離婚した夫に、慰謝料を請求したい。

夫の浮気が原因で離婚して、5年経ちます。夫はその女性と別れると言うので慰謝料も請求しなかったのですが、最近になって夫がその女性と結婚したと聞いて、騙された気持です。今からでも慰謝料は請求できますか?

弁護士からの回答

離婚後3年以上経ってしまったら、請求できないかもしれません。
夫の不貞行為について慰謝料を請求できるのは、夫の不貞行為が「不法行為」に当たるからです。不法行為の時効は、不法行為の存在を知ってから3年ですから、離婚後3年以上経っていれば時効にかかり、慰謝料を請求できない場合があります。

ご質問

夫がダブル不倫。女性に慰謝料請求できますか。

夫の浮気相手の女性も、結婚しています。それでも女性側に慰謝料請求はできますか。夫と離婚するつもりはないので、夫に慰謝料請求するつもりはありません。

弁護士からの回答

できますが、あなたの夫も、不倫相手の夫から慰謝料請求される可能性があります。
相手の女性に対する慰謝料請求は認められますが、女性の夫からあなたの夫に慰謝料請求してくる可能性があります。そうすると請求する額とされる額でプラスマイナスゼロとなってしまう可能性があります。

離婚時に確認する事 お金のこと 一覧