住宅ローン

住宅ローンをめぐって発生する問題の具体的な事例

離婚後の住宅ローン

ローンを組んで住宅を購入し、あと20年支払いが残っています。離婚後、住宅ローンの支払はどうなるのでしょうか?

原則的に離婚後も支払う必要があります。双方納得のいく話し合いをお勧めします。
ローンの名義人になっている夫が支払い続けるのが原則です。ただし、名義上は夫のローンであっても、財産分与に関してはマイナスの財産として考慮され、妻にも負担を求められます。
家を売却する場合は、売却して余剰が出たら、それを夫と妻で2分の1ずつ分け、売却しても住宅ローンが残る場合には他に財産があればそれもあわせて精算します。
夫婦間で話し合いができるのであれば、夫がローンを全額支払う変わりに物件の所有を続けるなど、双方の納得のいくかたちでの合意を目指しましょう。
離婚後の住宅ローンに関しては、ローンの名義や支払いの方法によって状況が複雑に異なってきますので、専門家を交えた上で、十分に納得がいくまで考える事をお勧めします。

離婚時に確認する事 家のこと 一覧