戸籍について

親権者となった場合に戸籍については以下を検討する必要があります。

離婚と氏(姓)

婚姻によって氏を改めた夫または妻は、離婚すると当然に婚姻前の氏に戻ります(法律上は「元の氏に復する」という言い方をします)。
この場合、花子さんは、離婚届に「結婚前の戸籍」に戻るか、自分を筆頭者とする「新しい戸籍」を作ってそこに入るかを、決めなければなりません。

もっとも、離婚の日から3か月以内であれば、結婚のときの氏に戻ることができます。
たとえば、佐藤花子さんが鈴木太郎さんと結婚して、鈴木花子さんになったとすると、花子さんは離婚後、当然に佐藤花子さんに名前が戻ります(正確には「佐藤」の氏に戻る)。ただ3か月以内であれば、鈴木花子に名前を戻すことができるのです。

子供の親権者になった場合は、新しい戸籍を作った方がよいでしょう、理由はあとで説明します。

離婚した場合の子の戸籍

花子さんと太郎さんの間に一郎君という子供がいて、花子さんが一郎君の親権者になったとします。
そうした場合、花子さんが作った戸籍に一郎君が当然移るかというと、そうはなりません。一郎君は、鈴木太郎さんの戸籍に残ったままです。
一郎君の戸籍を花子さんの戸籍に移すためには、家庭裁判所に、一郎君の氏を「鈴木」から「佐藤」に変更する「子の氏の変更の許可」の申立てをする必要があります。

では、花子さんが、いったん佐藤花子に名前が戻ったものの、鈴木花子に名前を戻し、その後、一郎君を自分の戸籍に移すにはどうしたらいいでしょう。
この場合、花子さんは、家庭裁判所に申し立てて、一郎君の氏を「鈴木」から「鈴木」に変更する「子の氏の変更の許可」を得る必要があります。
この文章を見て「鈴木から鈴木に変わるって、誤字じゃないの?」と感じられると思いますが、誤字ではありません。鈴木花子さんの「鈴木」と、鈴木太郎さんの「鈴木」は別の氏というのが、法律の考え方なのです。

離婚したら新しい戸籍を作ろう

仮に、花子さんが、結婚前の親の戸籍に戻ったとします。そうした場合、一郎君はその戸籍に入ることはできません。
戸籍に入ることができるのは子供までで、孫は入れないのです。ですから、花子さんを筆頭者とする新しい戸籍が作られ、そこに一郎君が入ることになります。
であれば、離婚したときに、最初から新しい戸籍を作っておいた方がよかったということになりますね。

お子様がいる方へ 一覧